さて、先日の安井教授の発表のもう一つは「ジャガイモ」について。
ジャガイモが出てくるのは、以下のところ。

アリスは白ウサギにお手伝いさんのメリー・アンと間違われて、
手袋と扇子を白ウサギの家に取りに行くよう、命じられる。
ここで、また瓶を見つけたアリスは飲むと、身体が大きくなり、
片腕と片足が窓から飛び出してしまう。すると、ウサギの声が
聞えてくる。

Next came an angry voice---the Rbbit's---"Pat" Pat! Where are you?"
And then a voice she had never heard before, "Sure then I'm here!
Digging for apples, yer honour!" "Digging for apples, indeed!" said
the Rabbit angrily. "Here! Come and help me out of his!"
(Sounds of more glass.) "Now tell me, Pat, what's that in the window?"
"Sure, it's an arm, yer honour!" (He pronounced it "arrum.")
"An arm, you goose! Who ever saw one that size? Why, it fills
the whole wndow!"

次に腹を立てた声、 「パット!パット!どこにいるんだ」というウサギの声が
聞えてきた。それからアリスが一度も聞いたことのない声。「ここにおります
ですよ!りんごを掘っておりますんですよ、だんなさま。」「おい!こっちに来て
私を出してくれ!」(ガラスの割れる音がさらにする。)「教えてくれないか、さぁ、
パット、窓のところにあるのは何なのか。」「もちろんでさぁ、うでっででごぜぇますだ、
だんなさま。」(うでっで、という音をパットは出した。)「うでだよ、この薄のろめが!
あんな大きなうでを誰が見たことがあるんだ。何と、窓をふさいでおるぞ!」

ここで、パットが掘っているりんごとはジャガイモ。パットはパトリックで、セント・
パトリックはアイルランドの守護聖人。また、アイルランドは、気候が厳しく、かつ
土地が非常に痩せており、まともに作付け出来たのはジャガイモだけだった。
1840年代は「飢えの40年代」 ”the hungry forties”と呼ばれたが、
アイルランドでは、1846-48年、potato famineジャガイモの大凶作が起き、
当時の人口の4分の1の200万人ほどが餓死。アイルランドに見きりをつけ、
米国に移住するケネディの祖先たちのようなアイルランド人もいた。

スタンリー・キューブリック監督(1928-1993)の『バリー・リンドン』 ,
Barry Lyndon (1975)では、英国の支配下にある
アイルランドが出てくる。不在地主の英国人、
不在地主のために働くアイルランド人。両者の軋轢は深かった。
その応酬をジョークに見ることが出来る、と安井教授はジョークを幾つか挙げていた。
例示の最後のものがもっとも印象的だった。

「世にいう1846-48年のじゃがいもの大凶作は、どうして起きたか分かるかい。」
「いや、分からない。ぜひ教えてくれ。」「それはな、アイルランド人が、どこに
じゃがいもを植えたか忘れちまったからだよ。」

このジョークに関してだが、これがイギリス人によって出されたものだという見方も
あろうし、アイルランド人によってだという見方もできよう。すなわち、「イギリス人の
旺盛なヒューモア精神は、アイルランドのじゃがいも凶作という悲しい出来事を、
まぬけなアイルランド人というジョークの連作に加えてしまう」という見方もあろうが、
冗談なのだが笑えない、アイルランド人自身の自嘲的なdead punとも見ることが
出来るのではないか。アイルランド人が言ったジョークとしたほうがずっとパンチが
あるということになろう。
[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-29 21:47 | その他
先日の1月27日は、前述したように、ルイス・キャロルの
例会だった。

テーマは「ことばにみるアリスの世界」。
発表者は安井泉教授。

かねてからのアリスの二つの物語に見られる言語学的特徴を研究されている。
『不思議の国のアリス』の英語に階級差が現れているというのが主題であった。

参考として載っていた、"Upper and non-Uppe," Alan S.C. Rossの
Noblesse Oblige 1956、Hamish Hamilton,
London, p.27-32.が話題を提供してくれていた。

How d'you do?は上流階級で、Pleased to meet you.は非上流階級で
使われるとあった。O.R.さんが、 イギリスで英語と神学の勉強をしていたとき、
How d'you do?はかなり年配の人しか使われないと言われたと話された。
私も実際にあまり聞いたことはない。使ったことはある!?別に注意はされ
なかったが・・・。

しかし、How are you doing?と挨拶代わりに言われるので、
How d'you do?は自然消滅したのかどうか分からない。

■ お郷が知れる

ことばは同じなのに、音が違うという場合がある。方言とかなまりがそうだ。
安井教授は、ミュージカルのMy Fair Ladyで出てくるイライザのコックニーなまり
を矯正する例文を挙げていた。

In Hartford, Hereford, and Hampshire, hurricanes hardly ever happen.
The rain in Spain stays mainly in the plain!

これは、最初の文はhの音を有声音にさせるためのもの。
その下は、「エイ」という二重母音が「アイ」になってしまうのを直すためのもの。

イライザは遂にマトモにキチンと理想的な音をproduceすることが出来るように
なり、三人は喜び踊る。それが、「スペインの雨」。

後から、思い出し笑いをしたのは、例文として出されていた
How kind of you to let me come!

「ご親切にお招き頂きまして有難うございます」がMy Fair Ladyでの
意味なのであろうが、違う意味にも取れないこともないのに気が
ついた。う~ん、長生きはすべき、と言えるのか言えないのか??

この字義通りに取るというのは、安井教授がevery other dayに関して
dayというのがtodayとしてあり、それ以外の日ということで、アリスは
ジャムを貰えないとなると言われていたことがヒントないし触発
されたようだ。私的には、jam と iam のほうがしっくり来てしまう。
[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-29 04:49 | その他
今日は、松坂牛のしゃぶしゃぶをブランチに頂きました。

MarlooweとJuneと妹と私は朝、先ずはお散歩に出かけました。
午前10時頃でした。
快晴で、お日様も出てきて暖かく、お散歩日和だなぁ~と
日光を背に感じながら、思いました。

MarlooweとJuneにも、そして私にもそれぞれの食器に
しゃぶしゃぶを盛りました。

私が食べているところに、食べ終えた二人はやってきました。
大根を刻んだものを二人にあげました。

それも食べてしまい、また私のところに来ました。


e0114230_19232546.jpg



「待て!」とコマンドを出すと、じっとこちらを見つめるMarlooweですが、
Juneはどこ吹く風。

e0114230_1923999.jpg


写真を撮っている私のほうに意味ありげな視線を投げかけるMarloowe。
Juneはもう待てないよ~~と腰を浮かせ、鼻を私のお皿につけんばかり。

e0114230_19234171.jpg


危ない!と思った私が、お皿を右にずらすと、テーブルの右手に来たJune。
舌なめずりせんばかり・・・。

美味しいしゃぶしゃぶに狂喜していたMarlooweとJune。
私も美味しいものを食べて生きてて良かったなぁ~♪と、感じました。

私たち3人にとってブランチのしゃぶしゃぶは今日の一番良いお食事、 ディナー
でした~♪~♪~♪
[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-28 19:43 | Marloowe & June
昨日、ラッセルのラジオ対談の翻訳をUPした。
この翻訳を勧めてくださったのは、russell-Jさん。
私のサイトとrussell-Jさんのサイトと両方に同じテキストをUPした。

russell-Jさんのサイトのページは、抜群のレイアウト!!
対談者3人の写真もつき、原文も載せられ、ポーターとヴァン・ドーレンのキャリアも
分かるようにされており、いわば、痒いところに手が届いています!


この差はあまりにも大き過ぎます。
[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-28 04:56 | 翻訳

プレゼント日和

今日は、二つも贈り物をいただいてしまいました!!

一つは、松坂牛。

e0114230_21534949.jpg


牛肉の香りは箱の外からでも分かるのでしょうか。
ブルーメと同じようにMarlooweも早速チェックに余念がありません。

e0114230_21551441.jpg


Juneもしっかりクンクン、美味しそうだ~♪なぁ、という表情。
二人ともウットリ。

もう一つは金子国義のアリスカレンダー。

e0114230_2154997.jpg


金子国義のカレンダーは、今日のルイス・キャロル月例発表会で行われた
阿弥陀籤で当たったものです!
籤運のない私ですが、たまには当たる、犬も歩けば・・・という感じでしょうか。

既にご存知のイラストですが、幾つかUPしてみましょう。

e0114230_21575629.jpg


e0114230_2211939.jpg

[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-27 22:01 | その他
去年の今頃、HPを復活させました。
その後、ずっと更新をさぼっていました。

mixiでかなり満足していたこともあります。
ヤフーブログに時々ですが、読書、犬たちなどが登場していました。

このブログはごく最近からです。
HPのUPの仕方、忘れてしまい、ファイル名無効と出ました。

何とか試行錯誤の後で、UPしました。
対談を御笑覧いただければ、幸いです。

今度UPしたのは、バートランド・ラッセルが1942年にCBSラジオの
対談です。
『不思議の国のアリス』やルイス・キャロルについて語っているものです。
ラッセルが生まれた1872年は、『鏡の国のアリス』の初版が出された年。

ラッセルは子供部屋で『不思議の国のアリス』と『鏡の国のアリス』を
どちらも初版本で読んだそうです。

ラッセルのキャロルの論理学に関するコメントは辛口ですが、
理解の仕方がウィトゲンシュタインと非常に対照的です。

e0114230_034978.jpg

[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-27 00:12 | 翻訳

『明日の記憶』

『明日の記憶』

『明日の記憶』、萩原浩(おぎわらひろし)、
光文社、2005(2004)年。

e0114230_1432026.jpg


この本は昨年の8月に読みましたが、読んでいてスンナリしないところが
ありました。これはアルツハイマー病に罹ってしまった主人公の日記ないし
手記であるが、病気が進んでいるのにはっきり自らの行為について書いて
いるのである。

自分自身を見ている、見ることが出来ているのである。
およそ、この病気に罹ったら、途中からこれは不可能なはずだ。
これに違和感を覚えたのだった。

以下は、この物語の荒筋です。

-------------------------------------------------------------

広告宣伝業に勤める主人公佐伯(さえき) は、50歳。
レオナルド・ディカプリオの名前が出てこなくなる。
ダスティ・ホフマンの名前も怪しくなる。

若年性アルツハイマーの初期症状と診断される。

日記を防備録として付けることにする。
これは、アルツハイマー日記だ。

痴呆のボケとアルツハイマーのボケは異なる。
通常の痴呆は脳の血管の異常が原因だが、
アルツハイマーの場合、脳の神経細胞が冒される。
アルツハイマーに罹ると、ショート・スパンの記憶が
なくなるだけでなく、人格まで破壊されてしまうのだ。

簡易知能評価スケールというテストを使う。
「7、9、3、5」と言われたら、逆にして、「5、3、9、7」
と答えさせる。
あるいは、最初に、「朝顔、飛行機、犬」というのを
覚えてくださいと言っておき、他の質問の後で、
思い出させて答えさせる。
TVでよくやっている問題と同じタイプである。

佐伯の父もアルツハイマーだった。
父の場合、70歳になってからだったが・・・。

喫煙するとアルツハイマーのなりにくいという説もあり、
一日5本と決め、喫煙を始めた。
アルツハイマーの予防にはDHAやEPAの摂取が
良いということで、魚がお薦め。
佐伯も妻の枝実子も肉のほうが好きだが、魚を
食べるようにした。
二人ともかぼちゃが嫌いだったが、かぼちゃも食べた。
ブロッコリーは葉酸(ようさん)が豊かで、
アルツハイマー予防にお薦めだそうだ。
白米より玄米。
玄米茶、発芽玄米茶がお薦め。

アルミニウムを体内に摂り入れるのが良くないという
説もある。
妻は浄水器を買い換える。
妻の枝実子は緑色のブレスレットを夫のために買った。
緑は右脳を活性化すると聞いたからだ。
30万円以上していた!?

アルツハイマーに冒されると、食欲がなくなるという。
味覚と臭覚が狂ってしまい、食べられない物も
口にしてしまうことになるという。
高級チーズと思って石鹸を齧ってしまうというのだ!?
汚いという感覚も麻痺ないし喪失するので、
入浴をせず、服と着たきりスズメし、排泄物を平気で
掴んだりするという。

医師には前向きに社会に関わることは症状を
抑えるが、会社にはアルツハイマーのことは
申告しておいたほうが良いと言われるが、
佐伯はこの記憶を喪失することにした。

坑痴呆薬のアリセプトを飲み始める。
3gから5gになるが、医師には5gが普通だと言われる。
しかし、「あの件はどうなっていますか?」と聞かれ、
いつも「どの件?」と聞き返していることも出来ない。

クライアントとの打ち合わせを忘れてしまう。
そうしたことがないようにと、出勤30分前に行き、メモる。
他の人の言ったこともメモしておく。
頑張っていたが、道に迷ってしまう。
局長に会議の変更を言われた。
大丈夫だと応えたが、すっぽかしてしまっていた。

佐伯は営業部長だったが、部下に自分がアルツハイマーに
冒されていることを上司に言いつけられてしまう。
局長から早期希望退職するように言われるが、
一応、断わり、社内資料管理課に移るが、
娘が結婚式を挙げたら、辞めようと考える。

アルツハイマーに冒されると、記憶喪失だけでなく、
鬱病、(被害・嫉妬)妄想、幻覚、暴力的な衝動に
襲われるという。

佐伯は自分が徐々に記憶と知性を喪失し、簡単な
計算も出来なくなり、言葉も喋れなくなり、服の着替えや
トイレも不自由になり、赤ん坊のようになるばかりか、
最後は微笑むこともなくなるのを知ると、ホームに
入ったほうが妻の負担を減らせるだろうと考えた。
娘の梨恵が出来ちゃった婚で孫が生まれ、妻が
自分だけの面倒をみているわけにも行かないからだ。

候補になるホームを見に行く。
妻を連れてまた伺いますと言うと、奥様を診察させて
頂きますと言われる。
「それには及びません。こちらにお世話になるのは私
ですから」と言うと、事務係長が目を丸くした。

■土に帰る

佐伯は大学を27年前に大学で同窓だった児島に
薦められて、菅原老人のところで陶芸を始めた。
その後、かなりのブランクが会ったが、木崎先生の
ところで陶芸を再び始めた。
木崎先生のところには、黒柚(こくゆう)枝垂桜文の壷が
ある。
登り窯で焼いたもの。失敗作だが、捨てるのに忍びなく
ゴミ箱にして使っている。

木崎先生として尊敬していた佐伯だが、焼成(しょうせい・
土を焼いて石化すること)の代金、同じ焼き物に対して
繰り返して請求される。
アルツハイマーゆえに?!
メモを取り出して確認すると、払ったと書き込んであった?!

木崎先生には今度を期待すると言ってから、
木崎陶芸工房関係のメモを黒柚枝垂桜文のゴミ箱に捨てる。

ホームを見学に行ったついでに足を伸ばし、児島に
連れられて行った菅原老人の窯を訪ねる。
菅原老人も痴呆に冒されていた。
二人は酒を酌み交わしながら、野焼きをする。
野焼きの火でジャガイモや玉葱を焼いて二人で食べる。

また来ますと菅原老人に挨拶し、来た道を返すと、
女性が吊り橋のたもとに立っている。
名前を訊ねると、「枝実子といいます」と言う。
「いい名前ですね」と佐伯・・・。

『明日の記憶』・・・明日は我が身・・・ジーンと来た。

--------------------------------------------------------------

この小説のことを思い出す機会は弟が道元の『正法眼蔵』の時間論に
ついて話してくれる前に、(1)アルツハイマー病についてまた考える機会が
あったこと、更に先週の金曜日に、(2)壊れた蛍光灯がチカチカするのを
見て、意識の不連続性を連想させたこと、この2点がありました。
特に(2)の意識の非連続性は、例えば、「ながら族」という捉え方が意識の
連続性を前提にしたものであることを示していると思われました。
つまり、非連続的なものとして意識を捉えるほうが、「無意識としての意識」も
「ながら族」という異なる意識の共時性を理解しやすくなるということなのです。

道元の時間論はスゴイというのは聞いていたのですが、あまりにタイムリィ
ないしシンクロしていたのに吃驚してしまったのでした。
[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-25 01:43 | 読書

『正法眼蔵』

先週の金曜日に久しぶりに弟に会った。

会えるとは思ってもいなかったので、嬉しかった。
帰りは弟の車に乗せてもらって帰宅。

もったいないのこと、リサイクルのことなどが話題になった。
先日ご紹介した糞掃衣のことを話すと、弟が『正法眼蔵』の時間論を
掻い摘んでくれた。

e0114230_127504.jpg


先ず、道元は時間を連続性と結びつけることを留保し、映画のフィルムや
アニメーションのコマをつなげて連続しているように見なせるようなものだと
いう時間の捉え方を提言している。

時間と意識とを同一視すると、連続する時間性が出てきやすい。
先日TVで空間は4次元である必要はなく、5次元や6次元と捉えることも
出来るというコメントがなされていた。
時間と意識とを別々のものとすると、5次元ないし6次元の空間も
捉えやすいではないか。
[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-24 23:58 | 読書

ラッセルの家系

Ray Monkの『ラッセル伝』の最初の巻に、ラッセルの祖先について
他のものよりも詳しく述べられている。

大概、ヴィクトリア女王の時代に二度も首相を務めた政治家の祖父
ジョン・ラッセル伯爵、父アンバレー子爵から語り始めるのが常だった。
Monkは更に詳しく述べている。

先ず、他のホィッグ党の名家の者たちと同様にラッセル家が
主な所領を得たのはヘンリー8世の時代。
ヘンリー8世が没収した修道院とカトリック貴族の所領を譲り
受けたラッセルの祖先。

しかし、これらホィッグ党の貴族たちはヘンリー8世から得た
名誉にのみ満足せず、11世紀のノルマン人の征服以来の
由緒を求めた。19世紀の第6代ベッドフォード公爵は司書の
J.H.ウィフィンに命じて由緒ある祖先を突き止めさせた。
すなわち、祖先のヒュー・バートランドが1066年に
ノルマン征服王と共に海峡を渡ってきたビリュキュべック男爵の
子息だという証を立てさせた。

e0114230_034920.jpg


このルーツを求めるというヴィクトリア時代の流行は、例えば、
トーマス・ハーディの小説『テス』の一つの大きなプロットの背景に
絡みとられている。ダーバーヴィル家の系図を辿ったことで、
アレックスという遠い親戚に突き当たっただけでなく、レイプされる
こととなるからだ。

そこで、ウィフィンよりも慎重な司書は11世紀後半のノルマン征服王
ではなく14世紀に英国の支配にあったボルドーから渡ってきたワイン
を英国に輸入し、羊毛をフランスに輸出していたドーセット州のワイン
商人がラッセル家の祖先だとした。

私たちの知るバートランド・ラッセルはノルマン征服王と関連する
ブリキュベック男爵にはさほど関心を示すこともなく、祖先の富に
関心を持つこともなかったようだ。名誉は大いに重んじたが。
[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-23 00:34 | 読書
先週の金曜日のこと。

帰りに図書館に寄りました。
すると、「これ、貴方のですよね」と冊子を眼の前にさしだされました。

e0114230_22311494.jpg


「えっ、返却ボックスに入れてしまっていたんだぁーーー?!」と思いました。

実は、この本は探したのですが、見当たらないので、諦めていたのでした。
思わぬところから出てきたので、とても嬉しかったのでした。

e0114230_22374341.jpg


図書館の本と自分の本と一緒に置いていたのです。
返却にいそいそと持って行ったのは良いのですが、ついでに自分の手持ちの
本まで持参してしまったようです。

図書館の人の親切に触れ、気分が良くなって帰ってきました。

帰ってきたクロスステッチの本のサンプラーを使うので、他のものの出番が
またまた遅れそうです。

e0114230_2235578.jpg

[PR]
# by ars_marloowe_june | 2007-01-22 22:44 | 刺繍